History:K  Vol.13
September.18 2015 TOKYO/JAPAN
Fri Sep 18 2015 19:00:14
TOKYO/JAPAN
September.18  2015  TOKYO/JAPAN

History:K  Vol.13

History:K  Vol.13

Wikipediaには載っていない、紀里谷和明の本当のhistory。ここでは本人自らそのルーツを語ってもらい、今という時間にどう繋がってきたのか? これは紀里谷の生い立ちを通し、過去・現在、そして未来を灯す、ひとつのストーリーである。

Previously on History:K
熊本県に生まれ、15歳で単身渡米。カメラマン、PV監督、映画監督と渡り歩いてきた紀里谷和明。そして、「GOEMON」公開後に様々な葛藤や苦しみのなかで、「職業や肩書きにとらわれないハダカの自分とは何者なのか?」を問い続けた40代。その先に見えた答えの光とは。47歳になった紀里谷和明が語る現在、これからどんなHistory Kの未来図を描いていくのだろうか――。

それぞれの当時を振り返ると、苦しくて苦しくて、「こんな苦しいことはやったことがない」と毎回思うぐらいでした。1枚の写真を撮ることも、PVを撮ることも、映画を撮ることも大変でした。その結果、1つの作品や1本の映画というものがあって、すごく嬉しかった。ただ、それらは1つの形。自分が生きているなかでやってきたことの副産物として、財産や名声があったりするわけですよね。重要なことは、その苦しみのなか、ハダカの自分として何を得たのか?っていうことなんですよ。