PVとイマジネーション
September.05 2015 TOKYO/JAPAN
Sat Sep 05 2015 19:00:24
TOKYO/JAPAN
September.05  2015  TOKYO/JAPAN

PVとイマジネーション


A,Da KO,DA 第11回

スタッフが選んだニュースを毎回、紀里谷さんに「ああだこうだ」言ってもらうコーナー、「A,DA KO,DA」の第11回。今回、「ああだこうだ」言っていただくお題は、『PV監督』についてです。9月2日に発売された「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の新曲「Unfair World」。同曲で7年ぶりにミュージックビデオを手掛けた紀里谷さん。過去のPV作品とは違うチャレンジに踏み切った制作現場だったそうですが、本作に込めた思いとは? この件に関して紀里谷さん、あーだこーだ、ありますか?

今回PVを撮ったのは、GLAYの「恋」以来だから7年ぶりだったんですよね。PV監督についていうと、自分がPVを受けるときに決めているルールがあるんです。ルールといっても簡単な話なんですけど、曲を聴いて感じないと受けないというのがあります。それはなぜかというと、俺がいくら映像が頑張ったとしても、曲にシンクロしないと良い作品にはならない。PVにおいての自分の作業は掛け算でしかないと思っていて、元々のものにある程度の良さがないと、それに掛け算しても大きくなりません。偉そうではあるんですけども、俺は曲で決めちゃうっていうことですね。