オリンピックと貧困
July.06 2015 TOKYO/JAPAN
Mon Jul 06 2015 19:00:21
TOKYO/JAPAN
July.06  2015  TOKYO/JAPAN

オリンピックと貧困


スタッフが選んだニュースを毎回、紀里谷さんに「ああだこうだ」言ってもらうコーナー、「A,DA KO,DA」の第4回。今回、「ああだこうだ」言っていただくお題は、『国立競技場の改修費問題』についてです。2020年東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設が、整備費2520億円で正式決定。もともと招致段階では1300億円だったはずが、その後の試算で最大3000億円になることが判明。昨年春の基本設計で1625億円に抑えたはずが、建設資材や人件費の高騰などで最終的に900億円も上回る結果となった。この件に関して紀里谷さん、あーだこーだ、ありますか?

俺は別にオリンピック対して否定的ではないんだけど、この2500億円っていうお金があまりに巨額過ぎて、なんだかよく分からないと思うんだよね。過去の海外オリンピックの総工費をこないだ見たけど、北京オリンピックの会場が約500億円、ロンドンオリンピックの会場が約900億円とか。それなのに、なんで2500億円もかかるのか?っていう話だよね。六本木ヒルズの総工費が約2700億円ですよ、あの1つの巨大な街を造って。