10代の殺人志願者
June.12 2015 TOKYO/JAPAN
Fri Jun 12 2015 18:59:30
TOKYO/JAPAN
June.12  2015  TOKYO/JAPAN

10代の殺人志願者

対岸の火事、という虚像


 スタッフが選んだニュースを毎回、紀里谷さんに「ああだこうだ」言ってもらうコーナ ー、「A,DA KO,DA」の第2回。

 今回、「ああだこうだ」言っていただくお題は、『急増する、10代の殺人志願者』です 。同級生2人に劇薬を飲ませ殺人の罪に問われている19歳の女子大生にはじまり、「母と 祖母を殺した」と交番に出頭してきた15歳の横浜の男子高校生、そしてハンマーや包丁を 所持した罪で現行犯逮捕。「人を殺しくなった。自分が怖い」と吐露したしたという福岡 の17歳の男子高校生。このように〝殺人志願の10代〟が急増しているように思われるので すが、紀里谷さん、ああだこうだありますでしょうか?
 こういう未成年による殺人事件って、俺からすれば常に起こっているような気がするん ですよ。別に今「急増」しているわけじゃなく。トピック的にいえば酒鬼薔薇事件を始め 、いつの時代も起こっていることなんっじゃないでしょうか。それで、これを生物学的に 考えると「なぜ、そのような衝動が起こってしまうのか?」ということが疑問になります よね。それは育った環境なのか、遺伝子の問題なのか。俺にそれはわかりませんが、そも そも「人が人を殺す」という事例は歴史を見れば分かる通り、異常なほどの数があって。 それで、今という時代は一番暴力が少ない時代なんだそうです。

――それは統計で出ていると?
 そう、出てるんです。単純な話、第2次世界大戦で何百万人という人が死んでるわけで すよ。一方、イラク戦争での死者はそれもよりも、ケタがいくつ違うくらい少ない。大量 破壊兵器のなかったいにしえにおいても、バンバン人が人を殺してきました。