4年前
March.14 2015 TOKYO/JAPAN
Sat Mar 14 2015 19:00:31
TOKYO/JAPAN
March.14  2015  TOKYO/JAPAN

4年前

4年前のあの日、何を見て何を考えていたか


■誰もパニックになっていないのが逆にシュールだった

ーー3月11日で、東日本大震災から丸4年を迎えました。当時、紀里谷さんは何を考え、どんなふうに過ごしていたか、そしてどういう価値観の変化があったかというのを、ちょっと思い出して語っていただきたいのですが。

俺個人としては、地震というよりは、原発の事故のほうがインパクトが大きかったように思いますね。「爆発した(放射能がやばい)」というニュースが、テレビよりも俺のところに早く来たので。前号でもふれましたけど、そのまま、その足で俺は熊本に向かう新幹線に飛び乗ったんです。そのまま荷物をまとめて、と言ってもまとめるほどの荷物はないんだけど、バッグひとつを持って出た。

熊本に行くんだったら、本当は飛行機のほうが早かったでしょう。でも、俺は「きっと空港はパニックになっているに違いない」と思っていたので「自分が今乗れる列車に乗って、一刻も早く遠ざかったほうがいい」という結論のもとに新幹線に乗ったんです。とりあえず、名古屋くらいまででもいい。放射能の圏外まで離れればいいだろう、と。