争いへの加担
January.16 2015 TOKYO/JAPAN
Fri Jan 16 2015 19:00:32
TOKYO/JAPAN
January.16  2015  TOKYO/JAPAN

争いへの加担

パリの銃撃事件について


■そこで起きていることに同調できない

――フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」の本社が1月7日(現地時間)、銃撃を受けた事件がありましたが。イスラム教徒やムハンマドを風刺した漫画が引き金になったと伝えられています。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/07/4-cartoonists-killed-charlie-hebdo_n_6433584.html

こういう事件って、往々にして見えているものと本当のことが違ったりもするわけで、本当の真相はわからないでしょう。

正直、どうも夢の中で起きているような感じしかしないんですよ。この事件に限らないんですけど、俺のリアリティとは違うところで起きているような気がする。旅行にきた宇宙人のように世界を見ているような感じ。そこで行われていることを観察して「なんか変だよね」って。